拡張可能OSのfail-safe機構

fail-safe機構は拡張可能OSにとって重要である。しかし十分なfail-safeの機能 を実現しようとすると、従来の実装技術ではシステムの性能低下を避けられなかった。 そこで我々は、新しいfail-safe機構である多段階保護機構を提案する。この機構は 拡張モジュールを、変更なしに、様々な保護レベルでOSに組み込むことを可能に する。この機能により、ユーザは拡張モジュールの保護レベルを変更して、不要 なfail-safe機構によるシステムの性能低下を回避することができる。我々はファ イルシステムに対して多段階保護機構を実現するシステムをNetBSD 1.2上に実装 し、fail-safeの機能とファイルシステムの実行性能のトレードオフをとれるこ とを確かめた。