新規ファイルシステムの開発におけるOSの多段階保護機構の必要性

OSを拡張しやすくするためには、拡張によってOSが不安定にならないようにす る機構が必要である。従来研究されてきた保護機構ではOSの安定性を保つこと はできても、実行効率が悪い。そこで我々は段階的に保護の強さを変えることが できる多段階保護機構を提案し、実際にファイルシステムに対して多段階保護 機構を実現するシステムをNetBSD上に実装した。このシステムを使えば、ファ イルシステムが不安定な時は保護を強くしてOSを守り、安定してくれば保護を 弱めて実行効率を改善することができる。さらに我々はこのシステム上で実際 にファイルシステムを作成し、実験によって多段階保護機構の有用性を示した。